遊学館について

遊学館

3連水車をイメージした遊学館には水車が大活躍していた明治30年頃から昭和30年頃までの水車の歴史が展示してあります。また、仁比山神社の大御田舞(12年目の申年に執行される式年大祭)を舞うカラクリ人形が展示してあります。

施設のご案内

水車の資料を展示しています。
また、仁比山神社で12年に1回(申年)開催される大御田舞の人形も展示されています。

駐車場 20台(無料)※
営業時間 9:00〜16:00
休館日 毎週火曜日
入館料 入館無料

※九年庵の開園時期は駐車場は満車になる事が考えられますのでご了承ください

 

御田舞を舞う人形

御田舞を舞う人形

水車動力で発電した電気を使って御田舞人形を動かしています。御田舞は県重要無形文化財で1200年の歴史があります。平安朝の様式を口伝承で伝え、「田打ち」「種蒔き」「代踏み」「鬼舞い」等の31名の舞手が約90分かけて田植えの様子を演じます。

水車資料展示室

水車資料展示室

昭和30年頃まで活躍していた歯車や当時の水車稼働風景写真が展示してあります。